海外ドラマ・シリコンバレー Season2のあらすじをざっと書いてみる


海外ドラマ・シリコンバレー Season2 あらすじ

海外ドラマ・シリコンバレーのシーズン2全体のあらすじをこのページでは紹介していきます。

シーズン2は、
主に、出資を受け、プロダクトの開発、組織の拡大を進める一方で、
足を引っ張ってくるフーリーやライバル会社と戦うことになる。
スタートアップのアーリーステージを描いている。

シーズン1の最後に、
見事テッククランチのデモを成功させたパイド・パイパーは、
いろんなVCから引くてあまたの出資のお話が飛び込んでくる。
アーリックとともにリチャードはVCを手玉に転がす。
そんなところからシーズン2のエピソード1は始まる。

しかし、フーリーに訴えられ、
エピソード2で全く逆転してしまう。
どの投資家からも出資を断られてしまう。
そんな中エピソード3で、最終的に
過去インターネット上でラジオを流すことで巨万の富を得た、
大富豪ロス・ヘイマンからの出資を受けることに。

出資を受けたパイド・パイパーは、
引き続き開発を続けることが可能になった。
エピソード4では、
開発を加速させるため、
パイド・パイパーの組織拡大、人事採用を進める。

エピソード5では、エンジニアが増え、
アーリックのインキュベーションハウスでは、
手狭になったため、引越しを企てるが、
フーリーの画策で、
各社からサーバーを借りることができなくなり、
引越しをやめ、ガレージにサーバーを自家設置する。

それを元に、
エピソード6では、ライブ配信をすることで、
自社を売ることを企てる。

当初、稼ぐ必要はないと言っていた
出資者のラスがいくばくかの資産を損失し、
売り上げをすぐ出すことに急に転換する必要になるエピソード7、8

シーズン2のラストエピソード9、10では、
フーリーと調停を行う一方、
コンドルの卵を写し続けるという地味なライブ配信を行う。

調停もライブ配信も予想外のことが起こり、
成功となり、またパイド・パイパーは有名になるが、
シーズン2のラストでパイド・パイパーのCEOリチャードはびっくりするような展開が、、、。

海外ドラマ・シリコンバレー Season2 お話一覧

シーズン2は、全10話からなっています。以下が、それぞれのタイトルです。

海外ドラマ・シリコンバレーを観るために

2018年3月25日より、ドラマ・シリコンバレーは、
米国で、シーズン5の放送が開始しました!
それと同じくして、
日本では、Amazonのプライムビデオで、独占放送となりました!
(それまではHuluによる独占放送でした)
**注!日本で観るための方法が変更になりました

日本で見る方法は、
今現在、限られているのです。。。

日本で観るためには、
現在、Amazon.co.jpPrime会員に登録して観るか、
AmazonでDVDを購入して観るかのどちらかしかありません。
要は、Amazonを通して、見るしかないのです!

今現在、日本で観るのは、
動画配信のPrimeビデオを利用するのが一番手っ取り早い方法です!!

学生の人!朗報です!
ほぼ半額の学生版Prime Studentなら年間1900円とお手頃な価格で、
シリコンバレーが視聴できます!
学生なら、まずはPrime Studentに30日間のお試しをしてみよう!
(→Prime Studentってなに???




*当サイトで使用する写真は、HBO SiliconValleyのサイトからお借りしております。

Copyright © ドラマ・シリコンバレーを観る, All Rights Reserved. Since 2016